老犬用のドッグフードに切り替えるタイミングについて

 

切り替えは7歳から?

ペットショップに行けば年齢別、犬種別、サイズごとに様々なドッグフードが並んでいます。たくさんの種類から選ぶことができるということは、飼い主にとってはありがたいことですが、老犬用のドッグフードに切り替えるタイミングは何歳くらいが良いのでしょうか。

表記を見ると7歳以上となっていることが多いので、一つの基準となってくるのは7歳以上ということになるでしょう。ところが、指示通り7歳で老犬用に切り替えたところ、愛犬が痩せ始めたというケースが少なくありません。どうやらこれは栄養不足になってしまったようです。

 

体力が衰えてきたら切り替えサイン

確かに7歳というのは犬にとって高齢の部類に入るのですが個体差があります。そのため7歳になっても、運動量がそれまでと変わらないのであれば、老犬用のドッグフードに替える必要はないのです。徐々に食欲がなくなってきたり、運動量が減ってきたと感じられたならば、そのときが老犬用のドッグフードに切り替えるベストなタイミングなのです。

また切り替える場合でも、いっきに全部を切り替えてしまうよりも、成犬用と混ぜながら量を調整しながら徐々に老犬用に変えていく方が犬にとっても調子を崩さないので良いでしょう。