生後3か月の仔犬の食事量はどれくらい?

By | August 15, 2017

 

仔犬の食事はとても大事

仔犬と呼ばれる特に生後90日から半年にかけては、少年期と言いこれから大きくなる為の基礎的な体作りに重要な時期と言えます。よって、細胞を作る源となる良質のタンパク質を積極的に摂取させるようにします。

出来る事なら、体重を測りしっかりした管理をし適正に体重が増えているかチェックしながら、ドッグフードの量を変えていきます。適正量はパッケージに、生後日数やドッグフードの量が表示されているので参考にされると良いです。この時期の仔犬は、食べ過ぎを考えるよりは栄養不足を心配する事が大事です。

 

食事量はどれくらい気を遣えば良いのか

それでは食事量の目安ですが、80g~120g程度が最適化と思われます。個体差もあますのでそれぞれの体の成長に合わせる必要があります。余りにも体重が増える様なら、肥満傾向も考えられますが成長期でもあります。もしも不安な場合は獣医師さんに、相談されても良いかもしれません。

食事量を増やした際に、もっと食べたがって足りない場合があります。その時の便がもしもやわらかい場合は、消化不良を起こしてる場合があります。消化器官がまだ未熟の為追いついていない可能性があります。一旦、量を増やす事を中止する必要があります。愛犬の食べ方や量を、常に観察し最適にする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *